読書

ヘレン・ケラーがいかに学んだのか。サリバン先生がいかに教えたのか。一つ一つの事例を研究的に残す取り組みが我々にも必要だ。更に,サリバン先生の姿勢に学びたい。

『「学習用語」活用による国語科授業改善 高学年』刊行

ようやく5冊シリーズの3冊目を刊行しました。私家版なので,希望される方はメールで問い合わせてください。naoir2006&topaz.plala.or.jp(&を@に)

ボランティア国語塾生の作品

今日の北海道新聞で掲載していただきました。かわいい塾生の作文です。4月からまた妹背牛で続けます。4月7日妹背牛小学校音楽室で18時半から行います。どなたでも参加できます。お待ちしています。

 「言語活動」の分類

「言語活動」の分類を考えている。インタビューと挨拶と視線はどう違うのか。ひとまず,いずれも「言語活動」という枠組みに入れた。その上で,「社会的文化で成立している一つの形式を持った広義の言語活動」を「言語活動」とし,この言語活動を成立させる…

 言語技術の分類

久し振りにじっくり考えた。やはり思索は楽しい。思索し,執筆へ入るまでは時間がかかる。普段は思索していないからである。しかし,研究者からいただいた助言で自分の論文を読み返した際,そこでもがいていた自分を想起し,そして,課題解決策を思索できた…

第130回全国大学国語教育学会新潟大会への発表申し込み仮受付完了

昨日登録完了。国語科教育改善を説得したい。4月に要旨をまとめ5月に発表する。① 発表区分 自由研究発表 ② 題目 学習者が複数の「学習用語」を関連づけて学ぶための指導理論と実践例⑧ 共同研究者 幸坂健太郎・北海道教育大学 学習用語の関連指導が私の主張…

 24号の完成。今日も執筆。シリーズ『国語科「学習用語」指導実践集4』『「学習用語」活用による国語科授業改善 高学年』

昨日はようやく本を1冊仕上げた。保護者に校長先生の趣味は何ですかと問われた際,趣味は出版と言っておけばよかったか。それ以外に私的に使っている時間は少ない。趣味というより,社会貢献の一つである。更に,出版や研究は趣味とは言い難い。こんな苦し…

 「鍛える国語教室」研究会第8回全国大会(福岡大会)御案内

鍛国研第8回全国大会福岡大会の詳細です。地元の教育委員会の承諾を得ましたので,公開します。参加者募集開始します。お待ちしています。 http://www17.plala.or.jp/naoir2006/280729.pdf

 来年度の学校経営方針の説明

今日は原稿1本と学校通信を書いた。明日からはたまっている仕事を一つ一つ解決していこう。 健やかな育ち微笑む雛二つ ☆ 参観・懇談会お待ちしています! 今年度は更に学力・体力・徳力向上に全職員で取り組みました。その結果,妹背牛小全児童が向上してい…

全国大学国語教育学会新潟大会準備開始

新潟で行われる全国大学国語教育学会での発表準備を始めた。発表準備といってもまずは航空券と宿泊の確保。発表資料はこれから作成する。3月15日発表締め切り。4月18日発表要旨の締め切り。5月27日に飛ぶ。義務教育国語科での指導事項の具体化を発表してく…

送別会

今日は送別会。私と同じ年の古くからの知り合いの校長が退職する。少し早いなあ。私はあと5年間を勤め上げたい。寂しくなるなあ。

 日記

久し振りに日記を書いた。次年度の出席研究会を一覧にしてみた。次年度も学ばせていただける。有難い。 http://www17.plala.or.jp/naoir2006/2802nikki.html

 1年生へのインタビュー指導

今日は久しぶりに授業を行った。1年生へのインタビュー指導である。1年生国語科でインタビューを指導すべきだという考えから,本校のカリキュラムに今年度から取り入れている。休み時間には,教頭先生へお仕事インタビューを行っていた。低学年からのキャリ…

国語学力の定義

まあまあ納得できる定義を発表できそうだ。

今年もごっこ

函館産ごっこを入手! 今日はこれで鍋。柳月のお菓子も買ってきた。野口先生は今日は高知にいらっしゃるそうだ。お元気で何よりである。お電話させていただいた。

卒業証書

卒業証書を書く筆を買いに行こうっと。

今日も校正

何度読んでも納得できない。昨年から校正している本を今日も校正している。半年は校正し続けている。野口先生のお誕生日には,完成させたい。

お世話様に感謝

「マスターカード」も絶版になりつつある。言語活動の充実に役立つ「学習用語」を書いた。アクティブ・ラーニングの導入にも使えるのになあ。それにしても11年もお世話になった。有難い。企画してくださった江部満元編集と監修いただいた野口芳宏先生に大感…

来年度の学校経営方針発表

来年度の学校経営方針の発表した。よりよい学校を目指す。

 「国語学力」の定義

改めて,「国語学力」を定義した。御批評いただきたい。 国語学力とは何か。国語学力は言語に関わる知識であり、その安定的な行為である。知識は安定的な行為状態で知識である。例えば、引用の知識は引用表現を指摘したり、自らの表現に活用したりできる状態…

文学の鑑賞指導

野口先生の文学指導こそ,世に残さなくてはいけない。その強い思いで編集した一冊である。教頭業務に追われていた4年目,研究を再開した際に編集した本である。研究が私の人生をいかに豊かにしてくれていたかを再確認した。校務を創造的に推進するためには…

「学習用語」の実践原理

これは数年前にまとめた本だ。構想から10年は経っているだろう。「学習用語」の指導法がまとまっている。野口先生の御講演を私が記述し,野口先生の御校正を得たものである。国語科教育を改善し,日本の子供達の国語学力向上に貢献したい。

国語科「学習用語」辞典〜「書くこと」領域編〜

数年かかり,昨年まとめた。今年こそは「読むこと」領域編を完成させたい。日本の国語科教育に貢献したいがためである。研究も教員にとっては社会貢献である。

まだまだ続く

かなり読んだつもりだが,まだまだ気になる。気になる点がなくなるまで読み続けよう。これも楽しい教師修業である。

今日も校正

読むほどに気になる点が減る。今朝も校正し続けている。「学習用語」指導を普及し,日本の子供たちの国語学力向上のために。

 文章修業

文章修業も教師修業の一つである。むしろ,教師修業の多くの時間を文章修業が占めるだろう。文章が書けなければ,教師は仕事にならない。何度も校正している本がようやく完成しそうである。校正はいい勉強になる。連休でもう一度校正する。2月には,完成さ…

 「学習用語」指導

国語科での「学習用語」指導を考え続けている。国語科各学年に「学習用語」を位置づけたカリキュラム・マネジメントを今年度以上に行いたい。例えば,『学習指導要領』にある討論を通して,子供たちは何を習得しているか。習得すべき知識・技能を「学習用語…

お宝の数々

野口先生からの学びを思い出す! 20年前の資料が懐かしい。岡山の言語技術教育学会の資料もあった。

私家版の校正

これはいつから書いているのか。半年くらい書いては読み直しているだろう。10月に仕上げてから,また校正している。ようやく読み終わりそうだが,もう一度読もう。これはこれまで以上に分かりやすい本にする。野口先生と鍛国研の仲間との学びの成果である。有…

校正

今年度は校内の文書全てを校正している。今日は一日入学の文書を校正した。他はメールの整理や学校受信文書を読んで一日が終わった。明日はもっと効果的に働きたい。外は雪だらけだ。

郷土の価値を

20年前の論文が出てきた。郷土教育の必要性から,社会科のカリキュラム開発をしたものだ。当時は学級単位の研究だった。今はその経験により学校全体の改善に取り組めている。この実践を最近まで見ていなかったが,主張は変わっていない。今はこれに国語の研究…

師に学ぶ喜び!

20年間,野口先生に学び続けている。お蔭様で有難い人生である。改めて学び直そう。未来の子供たちのために。

これからの社会に資質・能力とは何か

現状を打開する能力。良さを引き出す能力。これらを成立させるために自他を大切にする心が基盤になる。脳が刺激される有難い機会である。

教育展望札幌セミナー出席

求められる資質・能力は何か。この授業でどのような資質・能力を育てるのか。それはこの授業で形成する学力は何かとの形成学力の明確化と同様である。本時の形成学力は何かという野口先生のこれまでの御指摘を想起する。これまでの私たちの主張と同様である…

今日は教育展望セミナー出席

以前から気になっていた教育展望セミナーへ出席する。朝から札幌へ移動している。カリキュラムを具体的に考える一日にしよう。言語技術科を創設したい。

 きれいな学校だ

昨日までの研究会出席を終え,本日は出勤して仕事をしている。校内巡視をすると,きれいになっている。よい学校である。 妹背牛小学校のブログです。御覧ください。→ 妹背牛小学校ブログ

研究会終了

学びの4日間が終了した。有難い新春だ。明日からの公務に活用していく。公宅へ帰宅♪

今日も学ばせていただいています!

今日も国語授業改善を学ばせていただいている。授業改善から,学校改善を構想できる。学びこそ喜びである。有難い。

たっぷり学べました。これから更に道徳の講演会

優秀な子供たちでした。学ぶ姿はすてきなものです。これから命の授業を学びます。

昨日もたくさん学べた! 有難い。

昨日は岩見沢で研究会を行った。全道の先生方と学ばせていただいた。今日は旭川での研究会で学ばせていただいている。 連日有難い。

楽しかった!

広島大学の難波先生との研究会は楽しかった。現場の先生方の問題意識と大学の先生方との問題意識の重複が面白かった。本音で語り合えた。勉強は楽しい。勉強は人のつながりを与えてくれる。

明日は仕事始め

明日は仕事始めなので,今夜,学校を点検しておこう。単身赴任はいつも前日出勤である。単身赴任9年目が始まる。いつまでたっても単身赴任には,慣れない。 今日も少し勉強した。読みやすい文章のための修業は終生続くだろう。明日は午後から広島大学の難波先…

言語技術教育批判

今年は言語技術教育を批判してみよう。言語技術教育を批判することにより,言語技術教育がなぜ進展しないのかを議論する。来年から構想している言語技術科のカリキュラムを開発したい。これが今年の志である。 冨樫氏の原稿を読んでいて,朝から学んでいる。

今年の運勢

NHKの2355を見ながら年越し♪

学問より実行

北大総合博物館にある新渡戸稲造先生の言葉である。確か,「実学」もあったように記憶している。新渡戸先生の学生時代のあだ名がアクチーブだったようだ。85年前から社会で活用できる学力をと提言されていた。論点整理にもつながる言葉だ。論点整理は読めば…

少し勉強

今日は少し勉強している。何度読んでも気に入らない箇所がある。日々変化している証だと喜ぼう。勉強こそ楽しい。

大掃除

今日は書斎の大掃除をした! 管理職になってから,年末年始にゆっくり大掃除などできなかった。校長3年目で少し時間をつくれた。あと5年は退職準備ができそうだ。ここに校長室の書物を入れる準備をせねば。

研究会情報 国語 道徳 野口芳宏先生

1月6日7日旭川で北海道教育委員会学校力向上アドバイザーである野口芳宏先生とたっぷり学べます。明日の授業に役立つ価値ある研修会です。いらっしゃいませんか。お待ちしています。

研究会情報 北海道 国語科 アクティブ・ラーニング

次期『学習指導要領』の2つの鍵であるカリキュラム・マネジメントとアクティブ・ラーニングに対応する国語科授業を模擬授業で学び合えます。残席がまだあります。学び合いませんか。お待ちしています。

国語科「学習用語」辞典〜「書くこと」領域編〜完成

今年はこの辞典を書き上げたのが大きな仕事だった。来年は「読むこと」領域を書き上げたい。子供たちの学力向上に貢献するために。