読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 対話型絵本の紹介

 野口先生の紙芝居が誕生しました。実演したいものです。 

 紙芝居セット|登龍館-豊かな心と言葉を育む出版社

鍛国研第7回全道大会(石狩大会)

 12月15日の締め切りが近づいてきました。会場の江別市民会館は札幌駅から電車で30分以内です。ただし,会則の場合高砂駅に泊まりませんので,下車駅を確認の上乗車ください。札幌発岩見沢か旭川行きの普通電車です。お待ちしています。

 

http://www17.plala.or.jp/naoir2006/290105.pdf

 

 1 主催 「鍛える国語教室」研究会(略称,鍛国研)/北海道ゼミ代表 柳谷直明 2 後援 北海道教育委員会 / 3 日時 平成29年1月5日(木)10:00~16:30 4 事前受付締切日 平成28年12月15日(事前受付による事務局業務縮減への御協力をお願いします。) 5 場所 江別市民会館(〒067-0074 北海道江別市高砂町6/℡011-383-6446/JR高砂駅から徒歩10分) 6 講師 野口芳宏(道教委学力向上コーディネーター),柳谷直明(妹背牛町妹背牛小学校長)他 7 テーマ 「学習用語」活用による国語科授業改善~カリキュラム・マネジメントとの相乗効果~

鍛国研第7回全道大会(石狩大会)

 12月15日の締め切りが近づいてきました。会場の江別市民会館は札幌駅から電車で30分以内です。ただし,会則の場合高砂駅に泊まりませんので,下車駅を確認の上乗車ください。札幌発岩見沢か旭川行きの普通電車です。お待ちしています。

 

http://www17.plala.or.jp/naoir2006/290105.pdf

 

 1 主催 「鍛える国語教室」研究会(略称,鍛国研)/北海道ゼミ代表 柳谷直明 2 後援 北海道教育委員会 / 3 日時 平成29年1月5日(木)10:00~16:30 4 事前受付締切日 平成28年12月15日(事前受付による事務局業務縮減への御協力をお願いします。) 5 場所 江別市民会館(〒067-0074 北海道江別市高砂町6/℡011-383-6446/JR高砂駅から徒歩10分) 6 講師 野口芳宏(道教委学力向上コーディネーター),柳谷直明(妹背牛町妹背牛小学校長)他 7 テーマ 「学習用語」活用による国語科授業改善~カリキュラム・マネジメントとの相乗効果~

 鍛国研第7回全道大会及び国語授業の正統技術を学ぶ会の御案内

 来年1月の研究大会です。「学習用語」辞典及び指導法も提案します。お待ちしています。メールでお申込みください。naoir2006☆topaz.plala.or.jp(☆を@に)

 

f:id:naoir20042005:20161014144627j:plain

 以下は旭川市の原部剛先生が主催される研究会です。一緒に学びませんか。

f:id:naoir20042005:20161014144733j:plain

 

f:id:naoir20042005:20161014144703j:plain

研究会案内10月2・3日バリ研

 研究会案内を頂戴しました。今年度もバリ研で学びましょう。

 10月2・3日,札幌市内です。

 詳細は以下のサイトです。御案内有難うございます。

http://www.geocities.co.jp/NeverLand/2605/bari23.pdf

 

f:id:naoir20042005:20160913125724p:image

「学習用語」体系批判開始!

    粗削りだが,いい本だ。いよいよ批判を書く。

f:id:naoir20042005:20160901193804j:image

論文投稿

    2月から書き続けてきた論文を全国大学国語教育学会へ投稿した。明日が締め切りだった。何とか間に合った。多くの方のお蔭様だ。有難い学びを得た。明日からまた,辞典の執筆を再開しよう。

 「学習用語」指導理論を書いている。

 国語科「学習用語」を考え続けて20年以上経つ。ようやく指導理論の一つが完成しそうだ。この論文を31日に提出したい。この1本の論文を考え続けて,半年経った。恩師や共同研究の先生や御指導いただいている先生や仲間のお蔭様で何とか完成しそうだ。有難い人生である。これが完成したら,次はいよいよ国語科「学習用語」辞典の作成とともに,「学習用語」の3分類に基づいた義務教育段階国語科「学習用語」体系の提出に取り組む。ライフワークの完成が見えてきた。完成が見えてくると,苦悩から解放される。今日はこれから岩見沢で管理職との勉強会だ。原稿を持ち歩いて校正しよう。